アクセスカウンタ

<<  2008年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


キングが・・・・・。

2008/07/31 12:01
そう、それは昨日の出来事です。
朝起きてキングを見ると、明らかに元気が無いんです・・・・・。
殆ど動かないでじ〜っとしてるんです。


あれっ!? 何か様子がおかしいぞと明らかに解りました。
餌をパラパラっと撒いても全く反応しないんです。(泣)
昨日の夜まではバクバク食べてたんだけどなぁ。


すぐに色々考えましたよ。ブログでトリートメントが大事だとか好き勝手書いて結果がこれかよ。何てみなさんに言い訳したらいいんだろうとか、自分はもう高い買い物は止めておこうとか自分には海水飼育は向いてないんじゃないかなとか考えました。



はっ!? 違う違う。目の前にいるキングを何とかしないと。(かなり焦ってました。もう、ご飯食べて、トイレ行って、顔洗って・・・・。)



で、とりあえず淡水浴の準備をしてキングをどぼん。(約4分30秒位)
急だとやれる事ってこんなもんなんですよね。



そのままトリタンに戻す訳にもいかず、本水槽にプラケ浮かべてどのままどぼん。
入れたらプラケに横たわってました。こりゃダメかもな・・・・。



そして、不安を抱えて凹んだまま会社へ行きました。
帰ったら☆になっていたらどうしよう・・・・・・。



仕事が終わり、家に着いて速攻で水槽を覗くとそこには変わり果てたキングの姿が・・・・・・・。





















ちょっとドキっとしたあなた!! あなたはきっと善人です。



あれっ!? お前どうして餌くれダンスしてんのん?



餌を撒くと、食べてます・・・・・。



しかも、プラケから見えるウズマキに対してアタックする仕草までしてるし。
淡水浴ってすげぇ〜って改めて思った瞬間でした。



これで安心してはいけませんよね。またいつ同じようになるのか不安ですし、今回の拒食になった要因を考えないといけません。



まず、狭いトリタンに1週間以上も入れて置くのはストレスが溜まるのか? それとも水温が30度近くあったので調子を崩したのか。見たところ、病気にはとても見えませんので、このどちらかか、両方なのかって推測します。トリートメントは4日か5日程度にして、本水槽にプラケ浮かべてから餌付けをしっかりしようかなって考えを変えようと思いました。



次の対策で、高水温をなんとかしないと、このままでは夏を乗り切れないような気がしてきました。と言うか、絶対に無理ですね。
なので、とうとう去年買ってから1年も放置していたクーラー(確か、ゼンスイZC-700E)を稼動させます。(もっと早くやれよって突っ込みは無しで。)



これで最近食が細くなってきたアデ坊も良くなるかなと。(アデ坊もかい!! だったら水温じゃねぇの!? はい、たぶんそうです。)



ヤッコ好きのみなさ〜ん、ヤッコは水温が常時30度越す状態が続くとかなりやばいっすよぉ。(そんなん解っとるわ。そんな状態にしているのはお前だけだよって突っ込みは無しで。)けど、スズメダイ系は丈夫なんですよね。全く元気そのものです。



実は何を隠そう、私はヤッコ達が強くなるように、高水温に堪えさせたりとか淡水浴をさせたりして、タフなヤッコに仕上げるべく、トレーニングをしてるんです!!(大嘘です。ごめんなさい。)
ウズマキなんて何度もトレーニングを繰り返して(調子を崩しては淡水浴して)今ではスズメダイよりも元気ですよ。キングも同じように仕上げないといけません。(爆)



と、嘯きましたが、キングだってたまたま持ち直しただけで、またいつ同じようになるか解ったものではありません。なので、もっともっと大事に飼育せねばと心に誓った今日この頃です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22


生体導入について考える

2008/07/29 13:20
えぇ〜、只今一人生体祭りを開催している最中ではございますが、最近考えていたのが魚を買って来たのは良いが、いったいどのタイミングで本水槽へ入れるのがベストなんだろうと言う事なんです。

我家の場合は、先住魚(ヤッコ)が居ますので、特にタイミングには気を使います。おはずかしい話ですが、マリンアクアを始めた当初は、お魚を買って来て温度合わせ&水合わせをしてそのまま本水槽へどぼんしてました。(但し、シマヤッコとかスミレは除く)

今まではこれで良いと思っていたのですが、数々の失敗の元になっていたに違いありません。
なので、最近何となくこのままのスタイルでは良く無いのではないかと思うようになりました。まぁ、ヤッコにもタフな種類とか性格とかも色々あると思いますが、これからは自分の中で飼育スタイルを確立させたいと思い、一貫して以下のスタイルで飼育を開始してみようと思います。これならどんな種類だろうが何とかなるぜぇ〜ってノリで。


1.生体購入(この時に水を多めに貰う。通販の場合はたいてい水は多いので問題はないかと。)
  ここで生体を見る目も当然大事ですね。

2.トリタンバケツにそのまま水を入れてエアレーション
  当日は、そのまま餌を与えずに生体を落ち着かせる。

3.ウ○コをしているかの確認と少量の餌を与えて餌付き状況の確認
  どの種類の餌を良く食べるのか、1回で食べる量はどれくらいかを判断する。
  全体水量の5分の1位の水換え。(新しい水)
  ■3日程このまま繰り返す
  ここで、魚の調子が悪いと判断したら、淡水浴を実施して、GFG+低比重等の治療をする。

4.本水槽の水への移行
  全体水量の5分の2位の水換え。(新しい水)
  全体水量の5分の2位の水換え。(本水槽の水)
    ちなみに、本水槽は低比重飼育をしております。
  ■上記を毎日繰り返し、餌への反応・食い 人への慣れ
    たぶん、2〜3週間はかかるかなと。調子が悪くなったら3の治療を実施

5.本水槽への導入及び混泳
  ここからはまだ考えてません。(爆)


今回の記念すべき第1号がキングで、第2号がこのヤッコです。自分なりには丁寧にやってダメなら諦めもつくかなって思います。


シテンヤッコで〜す。5cm前後の可愛いサイズです。

画像



でもって、緊急告知です。(と言う程のものでは無いですが)


巷ではクイーンやらスミレを沸かしたと言う賑やかなネタが出ておりますが、私はブログネタを作らせたら天才と言い切れる、名古屋の超有名な大型ヤッコキーパーのTさんと一緒にあるお魚のお祭りをしたいと思いま〜す。
スミレ祭りにも参加しますけどね。(笑)


その魚とは、自分は一度も飼育した事が無いのですが、ショップでも良く見かけていたようないないようなヤッコです。それ位気にしてなかったと思います。けど、あるヤッコの図鑑を見ていたら、すっごくキレイなんですよ。何で自分は今までこの魅力に気付かなかったんだろうって思います。しかも価格は超お手頃価格です。



テーマは、The ソメワケヤッコ祭り 2008!! (参加者募集中!!)



祭りの時期は、来週中位には何とかしたいなぁと思ってます。



けど、まだその魚を買ってないんすよ・・・・・・。
しかも、新しい飼育スタイルに変えたところですし、治療中の魚がいるわで、トリタンが不足気味なんで〜す。これ以上トリタン増やすと、我家のタテキン(嫁の例え)がゴボゴボ言って怒りまくるに違い無いし。さすがにトリタン4つ並んでるとまずいっすね。(爆)


けど、何とかなるっしょ。


そうそう、話戻りますが、ヤッコ図鑑を見ていて、グレイとかフレンチにも魅かれてる自分がいたりします。(何か安いヤッコを見直そうだ!!嘘つきって突っ込みは無しで。それはそれ、これはこれなんです。)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14


キングの給餌について

2008/07/27 23:01
タイトル通り、キング(パッサー)の給餌について観察しながら考えてみました。
やはり、長い間ショップにいて太っていない事が気になってましたし。


まず、餌に対する反応はメチャメチャ早いです。きっと、今まで自分が飼育してきたヤッコの中でもNo.1でしょう。でもって、ガツガツ食べるのですが、実際の所は食べるのは早いけど、すぐお腹が膨れるみたいで、多くの量は食べませんでした。


確か、ショップの店長さんは1日に1回か2回与えていると言っていましたが、この程度の量しか食べないなら日に2回の給餌では太らないんじゃないかなって思いました。多くの魚の中だと、すごく食べているように見えるんでしょうね。実際にはそんなに食べてないんですよね。あと、浮いている餌には反応早いのですが、沈んだ餌への反応はちょっと鈍いみたいなので、他の魚に食べられてしまうんでしょう。


このキングはきっと、1日に何回にも分けて餌を与えないと太らないタイプと推測しました。あと、食べる量の割に、UKの量がかなりすごいのである程度の量も必要なのかなと・・・・・・。


そうなると、こいつを太らせるには、日に5回位は適量を食べさせないと太らないのではないかなって思います。太らない体質なんて羨ましすぎるけど・・・・・。(かなりムカつきますけどね。)


パッツンパッツンにしてやるからなぁ〜 (ピンボケですいません。)

画像



それと、あと1つ訂正とお詫びがございます。
えぇ、私生体祭を開催している訳ではございますが、その時に購入したい候補がシテンヤッコの近種である、ゴールドフレークだと大きい事を言ったのですが、予算の都合上と申しますか、希望のサイズが居ないと申しますか、結局ノーマルシテンヤッコになっちゃいました。

まだ食も細い6cm前後のサイズですが、パッサー同様にトリタンでしっかり餌付ける予定です。シテンって初めて飼育するのですが、かなり可愛いですね。とっても気にいってしまいました。

さ〜て、次は生体祭番外編と銘打って、ココスと似た柄のヤッコ行きますかね。価格が手ごろで魅力的なヤッコを探すのも楽しいっすね♪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18


生体祭 プロローグ

2008/07/25 20:52

さてさて、生体祭の始まりで〜す。

しっかりと予告通りのキングを連れて帰って来ましたよぉ〜

ですが、本日ショップに行ってキングとご対面すると、やはり長くいる割には背肉がちょっと薄くて、リムフォも付いてました。普通ならここでやっぱり見送るべきなのかなって思いますが、店長がここで淡水浴してとっておきましょうかの一言で、トリートメントやらずにすみそうだなって事で、お願いしますと簡単に高い買い物しちゃいました。

でもって、車の中では淡水浴と治療をしたので、キング君はしっかり袋で横たわってました・・・・・。



まぁ、今までの自分だったら、大慌て(心臓バクバク)かなとも思うのですが、ここの所淡水浴は慣れてきたせいか、こんなもんだろうって感じで妙に落ち着いていました。


そして、家に着いた時にはしっかりと立ち直ってビニール袋にアタックしてました。噂通りのタフネスです。


早速、トリタンに入れて低比重にして1ヶ月位はこまめに水換えしようかなと思います。それまでに背肉がついて来たら本水槽へ入海とあいなります。

解りにくいですが、キングですよ〜

画像



餌もアホみたいにモリモリ食べるわ、UKモリモリするわのキングですが、初日から沢山食べさせてもなぁって事で、少しずつ量を増やしていこうと思っています。じっくり大事に育てます。


そんなキングをよそに早く入って来〜い。苛めてやるぅ〜って目つきのアデ坊

画像


いや、真面目にウズマキへの苛めがキツイんですよね。傷付くまでは行って無いので放っておいてますがちょっと心配なんですよね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 20


いよいよです。

2008/07/24 13:20
タイトル通り、今週末にキングを買いに行って来ます。(たぶん)


もし、狙っているキングが居るショップで売れてしまって居なかったら、これも運命かなって諦めます。いつもの自分であれば、間違いなく予約しているのですが、これからは出会いを大切にしたいなと思います。なので、行ってみて居なかったらスッパリ諦めます。



なので、キングとはまたいつか会う日まで〜って事で。



もしも、も〜し〜も、迎え入れる事が出来たら、90*45*45水槽の完全に普通のアデヤッコに戻ってしまったアデ坊と、アデ坊の子分に成り下がってしまったのですが、自分より小さい魚にはネチネチと意地悪する粘着系のウズマキが居ます。

あと、忘れてならないのが、キングとガチンコサイズになりそうなマルチも居ます。まぁ、こいつは初日だけは絡むと思いますが、翌日は逃げ回っているでしょう。(過去にシマ次郎に〆られてから負け癖が付いているみたいですし。)


さすがのキングも小さい時から強いのかは解りませんが、ヤッコの混泳はやってみないと解りませんので、とりあえずは入れてみます。その後考えようななと。



とは言っても、いきなりドボンは出来ないので、1週間はトリタンバケツでトリートメントしながら様子を見ます。でもって、少しずつ本水槽の水を入れていきつつ、水に慣らして行こうかなって思います。



最後に、もう過ぎてしまいましたが、私ブログを始めてはや1年が経っていました。ブログを始めた当初は、こんなに続くなんて絶対にありえないと思っていました。(基本的に飽き性なので)


それもこれも、こんなブログを見て下さる方や、暖かいコメントを下さる方々のお陰だと思います。これからも楽しく続けて行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします。


って事で、感謝の意味!?もこめまして、今週末からは”一人よがりの生体祭り”を開催したいと思いま〜す。この暑くなってくる時に、水槽用のクーラーも設置してないのに祭りなんてするな!!って突っ込みは無しで。一応言い訳ですが、部屋のクーラーを使って水槽は冷やしてますので、今の所は問題無いです。


さて、記念すべき第1弾として、最初に書いたキング追加です。


第2段は、クイーン or ブルー です。(amd では無いですよ。まだどっちにしようか決めかねてます。)


第3段は、まだ決めてませんが、みなさんがあまり飼育されていないようなヤッコにしたいと思ってます。例えばシテンヤッコみたいなちょいと高いヤッコとか!?(解る人には簡単に解りますよね。)間違ってもブラバンなんてありえません。


番外で、最近はアズファーが気になって気になってしょうがないっす。


これ位の祭りをすれば、充分金欠になるでしょう。(と言うか、第3段までは無理かもです。)


1周年を迎えて、完全に大型ヤッコ志向になりつつある今日この頃っす。さて、来年の今頃は海水魚はチョウだぁって言っているかもしれませんけどね。(笑)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 20


久々の合流

2008/07/20 18:48
タイトル通り、久々にアデ坊を本水槽へ合流させました。今までトリタンで十分に治療&愛情を注いで、スキンシップも完璧だったんですが、本水槽に投入したとたんに普通のアデに戻りやがりました。


いきなり自分よりも弱い魚には滅法強く、でもって人間大嫌いで逃げるは隠れるはで普通のアデヤッコに戻っちゃいました。そして、一番迷惑を被った方が、ウズマキ君です。
いきなりアタックするし、追いかけるしで大変でした。(現在、アデが通れる穴と通れない穴をデスロックで組んで何とか落ち着いています。)

画像



ウズマキの方は、完全に敗北宣言しているので傷付いたりはしてませんし、まぁこのまま様子を見ようかなって思っています。


本水槽へ放流したのは他にもいます。

朝起きてトリタンを覗くと、もう☆になりそうな感じのシマ次郎が居ました。やっぱりだめだったかぁと諦めながらも、最後は水槽の中で終わらせてあげようと思い、淡水浴3分(おいおい、止め刺してどうするんだと言う突っ込みは無しで。)水槽へポチャンしました。

何故に淡水浴と思われるかもしれませんが、☆になりそうではあったのですが、なんとなく刺激を与えてみたくってやってしまいました。深い理由などなくて、何となくです。(良い子は真似しないで下さいね。)


そして、フレームの居る水槽へ入れておきました。(本日のブログでは報告しないといけないなぁと思いつつ。)


ここで、数時間の昼寝タイム・・・・・・・。



その後、さっきまで死にそうだった奴が、ライブロックを突いてるではないですか。正直、自分の目を疑いましたが、次の瞬間に、錯覚では無い事に気付きました。


そうなんです、奴はフレームを元気に追いかけ回しているんです。


あれ!? 悪童に戻ってる。さっきまでのお前の姿は何だったんだ!? まぁ、元気が無いよりは良いのでフレームには悪いですが、そのままにしています。ヤッコ道は本当に深いっす。


画像



まだ餌を食べている訳では無いので、まったく予断は許しませんが、このまま良い方向へ行ってくれないかなぁとは願ってます。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18


我家のニューフェイス

2008/07/18 12:45
前回、アデ坊の治療状況を報告致しましたが、今回は皆様から大丈夫なのかと心配して下さっているシマ次郎の報告をさせて頂きたいと思います。

今はこんな所で治療中です。最初は小さい水槽に入れていたのですが、何か落ち着かないみたいなので、バケツに変えてみました。

画像


正直元気が無くて普通のシマヤッコみたいになっちゃいました。(爆)
餌も殆ど食べないし、背肉は薄くなって来たしいよいよまずい状況です。やれる事はやろうとは思ってますが、なんせ普通のシマヤッコなので強敵なんですよね・・・・。(泣)

ちなみに、隣は別の治療中のお魚クンです。ヒントは次の祭には間に合うかなって思ってます。こっちの方も青が薄くなってしまっていて、正直調子は悪いんですが、餌を少し食べるので復活する可能性は高いかもって思います。しかも、飛びだそうとするし。

頑張れシマ次郎!!

画像





暗い話題ばかりではいけないので、たまには"生体を追加したよ〜”という話題もあっても良いかなと。実は、今週の月曜日にふらぁ〜っと会社の近くのショップに顔を出したらなんと、キングが居たんですよね。大きさも状態も良い感じだったのですが、給料日前の財布の中にそんな高価なヤッコを買うお金がある訳もなく、泣く泣く諦めました。給料日まで売れ残ってくれていたら・・・・・・・・・・・・・。たぶん、沸かすと思います。


って事で、そのまま帰るのも何だったので、代わりにこんな子を連れて帰って来ましたぁ〜
ちょっとはずかしがり屋ですが、餌はしっかり食べてるし元気です。


画像


やはり、ヤッコ好きな自分としては、どうしてもこの魚だけははずせません。
ベニゴンベじゃないよ。(笑)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 21


出直しです!!

2008/07/15 19:34
みなさまの温かい励ましのコメントありがとうございました。

お陰さまで、テンションも持ち直してアクア道を進む事が出来そうです。


と言う事で、新しい魚を追加しましたと言うネタは止めて、現在治療中のお魚を紹介したいと思います。現在、このようなトリタンの中に入っているお魚クンです。


画像




やっぱりトリタンにはこのバケツが一番ですね。海水魚飼育を始めた時に買ってから未だに使用していますので、我が家では一番長寿です。(爆)



っと、肝心な中身を紹介していませんでした。



こいつで〜す。



画像



病気と言っても何が悪いのか解らないし、解っていたのは拒食になっちゃったんですけどね。拒食になると言う事はなんらかの病気とかストレスとかもありそうなのですが、大型ヤッコに限った事では無いとは思うのですが、拒食って結構簡単になってやっかいなんですよね。



我が家のウズマキもなっていますし、アデ坊に関して2回目ですかね。本当は今すぐにでも本水槽に入れても良いとは思うのですが、また入れて拒食になったらどうしようってビビって入れれません。



こんな狭いバケツの中で可愛そうとは思うのですが、何とこいつは最初は人を見るとビビって隠れて、餌の時にしか出てこない位のチキン野郎だったのですが、トリタンバケツに入れて餌をやっていると、何と水面まで来て餌は催促してくるわ、手渡しで餌を食べるようになる位になったんですよね。なので、可愛くて可愛くて。(だから、トリタンバケツから出したく無いんだって突っ込みは無しで)


いやぁ、まさかアデ坊とこんなスキンシップができるなんて思いもしませんでしたよ。(ラッキー♪)
みさなさ〜ん、たまには拒食の治療も良いかもしれませんよぉ〜


何か肝心な治療方法とか書いて無いような気がするけど、まぁいっか。(爆)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 20


悪魔のシリーズ 完結

2008/07/14 13:16

みなさま、またまたご無沙汰しておりました。
やっと、シリーズも終了して生活も落ち着きを取り戻しつつある今日この頃です。しか〜し、名古屋は暑いです。土曜日なんて、外の気温は34度ですよ。ちなみに、我家の水槽の水温なんて30度ですよ。(しかも、部屋のクーラーを26度で設定して入れているにも関わらず。) 

たぶん、12畳用のクーラーで20畳近くを冷やそうなんて、無謀なのかも・・・・・。昨日気付きました。(爆)

なんとなく水槽が崩壊した原因はそこにあるのではないかと・・・・・。出張に行っている間は24時間クーラーを付けっぱなしにしてたし、餌はフードタイマーで与えてたし、どうして崩壊したのか不思議だったんですよね。(当たり前だろ。もっと早く気付かんかい!!って突っ込みは無しで。)

さて、これからの暑さ対策をどうするかは非常に重要な懸案事項となってます。なんせ、部屋中冷やせば良いと思っていたのに、それではあまり効果が無いみたいだし。

まず出来る事は、クーラーのフィルター掃除でもしようかな。これだけでも、多少の効果はあると思うし。後は、定期的な少量の水換えを3日に1回もしくは2日に1回位にして頑張ろうかな。他には・・・・・・。(今は妙案は出てきませんね。)



さて、崩壊崩壊と騒いではいるものの、すべて崩壊した訳ではなくて、生き残っている魚もいます。まず最初に、スズメダイ系の生き残りは、水槽の外へバンジーしたデバ以外はすべて生き残ってます。スズメダイ系は丈夫ですばらしいって思いました。ちなみに、彼らは餌も出張中は無かったりして。(爆)

おいおい、崩壊って嘘かよって思われるかもしれませんが、あくまでも崩壊したのはヤッコ達なのですよ。ヤッコは生きている生体を並べた方が早いので、こんな感じです。


・ウズマキ(出張前から治療中で、バケツの都合上、本水槽へ戻すしか無かったので、絶対に最初にダメになると思ってましたが、今は一番元気だったりして・・・。)
・アデ坊(未だにインスタントオーシャンバケツで治療中ですが、やっと拒食も治り、餌もしっかり食べるようになって、調子が上がりつつあります。)
・マルチ(全く普通です。良くも悪くもなく。)
その他療養中3匹です。(こちらは、サンゴ水槽に居たのですが、帰って来たら虫の息でした。今も餌を食べないしかなりやばい状態です。現在、別室で扇風機をガンガン回してそれぞれバケツにて治療中です。)

それ以外は、すべて☆になっちゃいました・・・・・・。やはり、一番愛着のあったフレームが悲しかったですね。2年以上も生きてくれてたのに居なくなるなんてショックっす。


巷では、クイーン祭りとかスミレ祭りとか開催されているみたいですが、誰かおいらと崩壊祭りでも一緒にいかがですかぁ〜 (爆) 仕事もひと段落したし、ガンガン療養中の魚達を紹介してブログ更新していきますので、今後とも宜しくお願いします。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18


<<  2008年7月のブログ記事  >> 

トップへ

超がつく初心者の海水魚飼育 2008年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる